愛知県名古屋市近辺でマンションリフォームをお考えの方は日新ホームテックにお任せください!

日新ホームテック

建設業許可(般・8)第39307号TOTOリモデル登録2528-01

お気軽にお問合せください。フリーダイヤル:0120-33-0324

メールでのお問合わせはこちら

53歳以上のかた必見!リフォームする前に読んでほしい資料はこちらから

岡山県で外壁塗装をお考えの方に
ぜひお伝えしたいことがあります!
吉田謙治こんにちは、日新ホームテックの吉田謙治です。

弊社では、リフォームの他に外壁塗装を地元愛知で、年間100件以上の工事を行っています。
外壁塗装について色んな方からご相談を受けていて思うのですが、外壁塗装って本当に分かりづらいですよね。

実際、過去にリフォームでお世話になったお客様からも、

「壁が汚れてきたんだけど、うちはいつ壁を塗り替えたらいいんだろう? 本当にうちはやらないといけない時期なの? 見積りを出してみたけど、この価格って妥当な金額なの? 結局どこに頼んだらいいんだろう? 塗装屋さんとのトラブルはよく聞くし、不安なのよ

等のご相談をよく受けます。

外壁塗装は滅多にやるものでないのでよく分からない…でも誰に聞いたらいいのかも分からない…

なんてお悩みの方も多いのです。

ここでは皆様からいただく外壁塗装の疑問に対してお答えさせていただきます。
失敗しない外壁塗装をお望みの方是非一度ご覧ください!

家の塗り替えは何時やればいいの??

ここでは最適な塗り替えの時期についてご説明します。

一般的には、新築又は一度塗り替えてから7〜10年ごろが塗替えの時期だと言われています。しかし、家一件一件の環境違うので、痛み具合などもそれぞれ違い、一概に何年が塗り替え時とは言えません。

通常塗装の劣化は下記のような順番でおこっています。

外壁塗装の劣化症状の順序と塗り替え時期
外壁塗装の劣化症状の順序と塗り替え時期

塗り替えは、早いに越したことはありません。
4の段階以前が最適な時期といえますが、遅くても5の段階より前が良いでしょう。
5の状態になってからだと、建築物自体の劣化にもつながり、大規模な工事が必要になります。

時間も費用も多くかかるケースがほとんどですので、オススメしません。
先ほどお伝えしたように、家によって状況が様々ですし、ぱっと見ただけでは判断できない事もありますので、迷ったら専門家に一度家を見てもらうのが一番です。



この金額で妥当なの?
お客様から、業者に何社か見積りをとったが金額の差が大きすぎて、「どれ位が相場なのかわからない」という話をよく聞きます。
確かに、同じ面積を塗るにしても、壁の種類・塗る塗料・仕上げ方法によって金額は大きく変わってきますので一概にいくらとは言えません。

壁の種類・塗る塗料・仕上げ方法によって金額は大きく変わってきます

ただご参考までにお伝えいたしますが、一般的に一件50〜80万円位かかるものです。

※弊社では実際にお客様のお宅に伺い、建物の形状、傷み具合、塗る箇所の面積、お客様の要望などを把握してから、詳細な見積書を提出させていただいています。
あくまでも目安としてお考えください。

ここであなたに覚えていただきたいのが、「一番安い塗装が一番お得ではない」という事です。

どういうことかと言いますと、塗料の種類によってその外壁の耐久年数が変わるからです。
商品にもよりますが、2〜4倍も変わってくる事もあります。
一番安い塗料を使って、その工事を安く済ませたからといって、また5年後に塗るのであれば、一回で20年持つ塗料を使った方が、結果的に安く済ませれる場合があります。


塗料の価格と耐久性のバランスについては、皆様が判断するのは難しいと思うので、値段・仕上がり・コスト等のお客様のご要望をまとめた上で、専門店に相談するのがいいと思います。

また、塗装の見積りをもらう時は、一緒に使用する塗料のカタログを提示してもらうようにしましょう。
そこには使用量の目安や耐久性に関する説明も出ているはずです。


どういう業者にたのんだらいいの?

値段の妥当性が分かったら、次は頼む業者を選んでいきましょう。
ただ、業者選びは一番難しいところです。
ここでは、失敗の無い業者選びのコツ3つのポイントにまとめました。

POINT.1 施工方法や塗料について詳しく説明してくれるか?
知識の少ないお客様のために、それぞれの塗料のメリット、デメリット、詳しい施工方法など詳しく教えてくれない業者は注意が必要です。
先方に豊富な経験、知識、技術がないか、やる気がないか、不親切かのいずれ当てはまるので依頼するのは控えた方がいいかと思います。

POINT.2 施工管理がしっかりしているか?
業者の事務所所在地や万が一、何かあったときの保険などについても確認して、納得できるまで詳しく説明してもらいましょう。
そろそろ塗替えと思っていたころ、営業マンが来たので見積りを出してもらい、対応も悪くなかったし他に知っている業者もなかったのでお願いすることに。
いざ工事が始まると営業は一度も顔を出さないし、現場の職人に要望を言っても「聞いてない」の一点張り。
クレームを言いに営業の名刺の住所に行くとそこには何も無かったということも実際にあるようです。

POINT.3 過去の施工例を見せてもらう
地域の業者でしたらご近所で施工した実績を教えてもらい、見せてもらいましょう。
できる事ならそのお宅の方に業者さんの仕事はどうだったかをお聞きするのも良いかと思います。
よく、「失礼でそんなこと聞きにくい」とおっしゃる方もいますが、その地域でしっかりした仕事をしている業者なら全く気にしないはずですし、逆に聞いてもらいたいと思うはずです。


注意!
金額の安い業者を選ぶときの注意点

業者を選ぶポイントで、「見積りをとって一番安く出してもらったところに頼む」というのは非常に危険です。
なぜなら、外壁塗装費が安い理由に工事の質を落としている可能性があるからです。

なぜ、金額を安くすると工事の質を落とされるのかをご説明します。
外壁塗装費用は大きく3つに分ける事ができます。

工事代金
工事代金
材料費
材料費
会社の利益
会社の利益
職人の腕・経験によって料金が
異なるので、予算を削りやすい。

予算を下げるのが難しい

これらから費用を削るとなると、材料となるペンキの仕入れ値はどこの業者でもほとんど変わらないので工事代金を削る事になります。

そうすると、給与の高い経験豊かな職人を雇う事ができず、経験が浅い給料の安い職人を雇うか、作業日数を短くする事になりがちです。

経験の浅い職人が早く綺麗に塗ろうとすると、ハケのすべりをよくする為に塗料を必要以上に薄めて塗ってしまいます。
作業日数を少なくする為に、3回塗らないといけないところを2回で済ませてしまったり
本当は一番しっかりやらないといけない下地の洗浄を見えないからといって適当に済ませてする場合があります。

そうすると、塗り終わった直後はキレイなのですが、2〜3年すると外壁が剥がれてきてしまいます。
結果、再度塗りなおさないといけないといった事態になってしまうのです。

良い職人は外壁や屋根の向きによって一軒一軒塗る方法を変えています。
なぜなら、痛み具合がそれぞれ違うからです。
その塗り分けができるか、どうかで、その塗装が長持ちするかどうかが決まります。

どうしても良い職人を使おうと思うと、ある程度より値段は下げられないのです。


もちろん、安い値段でやっている良心的な会社様もたくさんあります。
でも安さに妥当な理由(例えば、自社で職人を雇っているので、職人のいないリフォーム会社から、下請けの会社に依頼するといった余分なお金が発生しない分安い等といった納得できる理由)が無いところに頼むのはお勧めできません。

また、1社だけに見積もりを頼んで決めるのではなく、必ず2〜3社に見積りを出してから決めるようにしましょう。
そうすることで、「工事金額が妥当なのか」「見積り書の内容がしっかり書いてあるか」等が、分かるので失敗する確立がぐっと減ります。



失敗しない外壁塗装についてお分かりいただけたでしょうか?

ここまで読んでくださいましたあなたにひとつお願いがあります!
現在住まいの外壁塗装をお考えの方ですでに何社かのお見積もりをお取り頂いているかと思いますが、その中に私たち日新ホームテックを加えていただけませんか?

私たち日新ホームテックは、地元名古屋で外壁塗装だけでも年間にたくさん施工を行っています。
外壁塗装をただ「家を塗る」という事だけでなく、「皆様の大切なお家の寿命を守る事」と考えて仕事をさせてもらっています。

外壁塗装業界には悲しい話ですが悪徳業者というものがたくさんいます。
今までにも悪徳業者の被害にあったお客様の悲痛の叫びを聞いてきました。
私は、そういった外壁塗装で失敗するお客様を無くし、一人でも多くの方に、満足のいく外壁塗装をそして満足のいく家作りを成功してほしいのです。

その為にも日新ホームテックでは2つのお約束をさせていただいています。

お約束1.頑固なカビも逃さない、下地処理をお約束します。
今ある外壁の汚れの多くは、カビやコケなどの菌類によるものです。
カビは根があるので、水洗いだけでは落ちません。
しかし、ここでしっかりカビ等の汚れを落としておかないと、後からいくら丁寧に塗装をしても汚れが落ちていないところから剥がれがおきます。

そこで日新ホームテックでは、バイオ洗浄によって下地の処理を行っています。
バイオ洗浄では今まで難しかったカビやコケなどの汚れも根こそぎ洗い落とします。
また上から塗る塗装の吸着力を高める効果もあり、長く持つ塗装が実現できます。
強力な洗浄力でありながら、環境にも影響も少ないとういう優れものです。




お約束2:誰が見ても納得できる3回塗り方法を行います。
日新ホームテックの塗装は「下塗り」「中塗り」「上塗り」と3回塗るのが基本です。
ここで手間やコスト、工期を省く為に「中塗り」や「下塗り」を省略してしまう業者もいるのです。

日新ホームテックでは、そういった手抜き工事を絶対に行うことができないように、下塗りが白色、中塗りがクリーム色、というように、下塗りと中塗りの塗料を色を変えて工事を行っています。
勿論お客様にも、何色が下塗りなのか、中塗りなのかを事前にお伝えします。
こうすることで、誰が見ても今どの段階なのかが分かり、お客様にとっても安心できると思います。




他にも日新ホームテックだからできる、こだわりをご用意して皆様をお待ちしております。
実際の施工を見ていただく事もしております。

また、家全体の事を考えるリフォーム屋として、あなたのお住まいが長持ちするように、外壁塗装の無料診断を行っております。

本当に今、外壁塗装しないといけないのか?
他社と相見積りになるけどよいのか?
日新ホームテックで実際に塗装施工した家を見せてほしい!


すべて日新ホームテックにお任せください。

失敗しない外壁塗装をお望みの方はぜひ一度ご相談ください。

メールでお問い合わせはこちら